ぽるぽる倶楽部トップへ

映画試写会情報

ペア試写会:恋妻家宮本

      
  • ペア試写会

その夫婦は、離婚届から始まった。

2人の出会いは大学時代。ファミレスでの合コンをきっかけに、宮本陽平と美代子は付き合い始めた。
陽平は大学院への進学、美代子は教師を目指していたが、ある日突然、美代子の妊娠が発覚。
内心うろたえながらも、男としての責任を感じ、プロポーズした陽平は、美代子の代わりに教職の道を選んだのだった。

それから27年―。宮本家の一人息子だった正も結婚して、あっという間に自立。
陽平と美代子にとっては結婚以来初となる、家の中に夫婦2人きりとなってしまった。
ともに50歳になって初めて、夫婦水入らずで暮らすことを記念して、上機嫌でワインをあける美代子。
酔った美代子は「これからはお互い、お父さん、お母さんじゃなく、名前で呼ぶの」などと甘え、まさに気分は新婚!?
あっけなく酔いつぶれて、ソファで寝入ってしまう美代子の寝顔を見て、「やっぱり老けたな…」などとしみじみ思いながら、本棚を何気なく物色する陽平。
そこには2人が付き合いたての頃、初めて陽平が美代子に貸した本「暗夜行路」が。
あまりの懐かしさにページをめくっていると、中から封筒がポトリと落ちる。
ためらいながら開封した中身は…美代子が捺印済みの離婚届だった!

翌日から陽平の苦悩の日々が始まる。
美代子の言動ひとつひとつを深読みし、離婚届の意味をウジウジと考える。
そんな陽平が疑心暗鬼な日々を送っていたある日、美代子が正の様子を見に行くと家を空ける。
思わず本棚の「暗夜行路」を探すと、既にそこに離婚届はなかった…

どうする宮本陽平!そして、どうなる宮本夫妻!!

ペア試写会:恋妻家宮本
監督・脚本
遊川和彦
原作
重松清 「ファミレス」上下(角川文庫刊)
劇中歌
吉田拓郎 「今日までそして明日から」(フォーライフミュージックエンタテイメント)
出演
阿部寛 天海祐希
配給
東宝
©2017『恋妻家宮本』製作委員会
日時
2017年1月26日(木) 開映19:00
会場
広島バルト11
ホームページ
http://www.koisaika.jp/
締切
2017年1月18日(水)(必着)
クイズ
陽平と美代子が付き合い始めたきっかけとなった合コンはどこで開催された?

インターネットからの応募はこちら

現在ログインされていません。

ぽるぽる倶楽部会員の方は、ログインしてください。
会員ではない方は新規会員登録をお願いします。

ログイン 新規会員登録

その他映画情報
  • 相棒 劇場版IV
  • 地域発信型映画「ファーストアルバム」